Our solution

ファミリーエージェント、ウエルスマネジメント事業部では、
お客様のご要望を第一に考え
「ファミリーコーポレーショングループ」
のソリューションを使い、
ベストな不動産コンサルティングを行います。

不動産購入お考えのお客様へ

お客様のご希望に合わせ
「不動産紹介」をさせていただきます。

弊社独自の情報ルートにより『非公開案件』を多く取り揃えております。またお客様のご希望に合わせ、様々な種類の物件のご紹介が可能です。

▽ ご購入条件
  • ご予算
  • ご希望
    エリア
  • 種別
  • 規模
    広さ
  • 利用
    用途
  • ご購入
    時期

上記の「ご購入条件」を教えていただけますと、スムーズにご紹介することができます。
是非、お気軽にお問い合わせください。

不動産売却お考えのお客様へ

弊社ならではの対応力

不動産は特殊性が高く専門知識と問題解決方法も多岐にわたります。また相続などの緊急性も要することがあります。弊社では柔軟な対応と確かな実績でお客様のご希望に導いてまいります。

  • 緊急を要する不動産対応
  • 不動産に関する専門領域
  • 不動産に関した問題解決

Family Corporation Group
ソリューション力

私たちの最大の強みは、様々なニーズに合わせて最適なご提案ができるグループ対応力です。

「収益案件」は賃貸会社『ROOM STORY』へ賃貸相場調査、賃貸募集活動を。「開発土地案件」の場合は、「プラン作成」「ボリューム検証」などを行う設計会社『ジー・ワイ設計』へ。

「節税」「相続」など税制関係については「ファミリー税理士事務所」、同時に法律面でのバックアップとして「ファミリー総合法律事務所」などと、グループ会社を活用できることも「弊社ならでの強み」です。

取り扱い不動産について
(全国エリア)

弊社独自のきめ細かい「市場調査」「物件調査」「売却先分析」などを行うことで「売却先」の創出を行い、ご売却される不動産の『価値を最大限に引き出し』売却サポートしていきます。

▽ 主な取扱不動産一覧
  • 土地
  • 一棟収益不動産
  • オフィスビル
  • 物流倉庫
  • 区分所有マンション
  • 区分所有店舗
  • 戸建て
  • コインパーキング
  • ホテル / 旅館
  • 寮 / 社宅
  • 別荘地
  • 保養所 / 研究所
▽ その他の特殊不動産一覧
  • 相続案件
  • 清算案件
  • 生前相続案件
  • 生産緑地案件
  • 立ち退き案件
  • 地上げ案件
  • 再開発案件
  • 計画道路案件

売却方法

お客様のご希望に合わせた売却方法が可能です。特に金額、種別に関係なく、あくまでお客様沿った形での売却方法を執り行うことができます。

一般紹介(通常の売却活動)

通常の売却方針であり、幅広く売却物件のご紹介をさせて頂く売却方法となります。

メリット
幅広い方々に売却物件を認識されます。
デメリット
出回り物件感ならびに「読み」を間違えると「売れない案件化」に陥ります。
限定紹介(売却先を限定して売却活動)

同業者、近隣の方々に売却していることを知られたくない場合、弊社では相手先を限定して売却物件のご紹介を行うことができます。

メリット
プライベートの確保。非公開案件として紹介が可能。
デメリット
売却期間が長期化する可能性あり。
入札案件(期間を定め入札方式での売却)
「プレミアム感」
を高めた販売方法

同期間、最低価格を定めた売却方法。「プレミアム感」を創出することができ、購入者の落札意欲を高め売却価格の上昇も狙える可能性があります。

メリット
売却予定価格より高値で売却出来る可能性があります。
デメリット
売最低価格でも売却しなければなりません。
限定案件(クローズドビットによる売却方法)★★
さらなる「プレミアム感」
を高めた販売方法

期間、最低価格を定め、さらに売却候補先も絞った売却方法。仕切りを高く設定しつつ入札者は限定できる為、「プレミアム感」+「クローズド(水面下)」案件として取り扱う事が出来ます。

メリット
売却予定価格より高値で売却出来る可能性があります。
デメリット
購入者範囲が制限される為、不調になる可能性もあります。

セカンドオピニオン

既に他社様にて売却依頼をされ「売却中案件」について、適正な売却が行えているかどうか、「セカンドオピニオン」を行うことも可能です。これも弊社ならでのグループ力を大いに活用することができます。

  • 物件再評価
  • 物件の健康診断
  • 問題点
▽ 物件再評価

売却中の「物件価値(価格)」を改めて再評価致します。銀行物件評価額、相場からの実勢取引価格など土地ポテンシャル、物件スペックの2層より机上評価を行います。

▽ 物件の健康診断

現時点において、適切に売却が増えているかどうかを多角的な視点で評価させて頂きます。

  1. ①「販売価格の適正判断」
  2. ②「販売方法の見直し」
  3. ③「販売資料の見直し」
  4. ④「紹介先の見直し」
  5. ⑤「修繕維持管理の提案」
  6. ⑥「周辺相場との状況確認」
  7. ⑦「入居者状況の確認」※建物に限り

以上を基に「売却」に関し適した販売状況かを診断させて頂きます。

▽ 問題点

売却活動が上手く進まない場合、なぜそのような事態に陥っているのか「問題点」を検証いたします。

  1. ①「販売依頼先=不動産会社」…販売姿勢、販売方法、販売資料
  2. ②「販売価格」の問題 …周辺事例との乖離
  3. ③「物件の状態確認」…建物維持管理、入居者問題

どの問題が起因しているのか検証いたします。

family college

不動産による相続対策について、ご理解を深めていただけるような動画を作成いたしました。ぜひご覧ください。

①【相続における不動産】相続対策
②【相続における不動産】相続税がかかる人
③【相続における不動産】小規模宅地等の評価減の活用
Back to Top